自宅葬のデメリットは? – 鎌倉自宅葬儀社

よくある質問

Q. 自宅葬のデメリットは?

A. ご家族だけの少人数でしたら、特に問題はありません。

ご家族だけの少人数でしたら、特に問題はありません。ご親族が大人数であったり、一般の参列者が来られる場合は、受付・参列者の待合所・お寺様の控室・お食事部屋などを考慮する必要があり、ご近所の方への配慮も重要です。
特にマンションの場合は、限られた少人数でのお葬式をおすすめします。まずは、ご家族だけでお葬式を行い、後日、偲ぶ会を執り行うのも一つの案です。
また、天候や季節の影響も受けますので、状況に応じてテント設置やストーブなどをご用意いたしますが、その分費用が掛かってしまいします。

デメリット
1. ご近所への配慮が要る。
2. 料理を手作りする場合、準備や手伝いが要る。
3. 自宅葬とはいえ、おもてなしをするために親戚や親しい友人に何かと気を使う。
4. トイレ・洗面所、駐車場に気を使う。

まとめ

  • ◆家族葬の増加で、ご自宅での小さなお葬式が見直されています。
  • ◆プライベートな空間で自由度の高いお葬式が可能です。
  • ◆安置・出棺スペースや経路確認の必要があります。
  • ◆ご親族の宿泊場所やご近所への配慮も必要です。
  • ◆一戸建て・マンションにも対応可能です。
  • ◆余計な費用がかかりません。

ひとりひとりの意思や要望、

一軒一軒のご自宅の構造は様々です。
事前相談・事前見積もりもおすすめします。
ご自宅で執り行うお葬式のための様々な提案をさせていただいております。
何なりとご相談くださいませ。

相談・資料請求(無料)