自宅で亡くなった後の葬式までの手続きは? – 「ガイアの夜明け」で紹介された

よくある質問

Q. 自宅で亡くなった後の葬式までの手続きは?

A.

▼自宅で看取った場合、病院とは手続きが異なるので事前準備が大切。

▼病院では自動的に死亡診断書が発行されるが、自宅では家族が手続きする。

▼かかりつけの医療機関があれば、主治医に連絡する。
・死因が明らかな場合、その場で死亡診断書が作成される。
・死亡を知った日から7日以内に役所に死亡届を提出し、火葬許可証をもらう。

▼かかりつけの医療機関がなく、自宅内での突然死の場合、警察署に連絡。
・通常、連絡後すぐに、実況見分が始まり、事件性の有無を調べる。
・警察医のいる機関へご遺体が搬送され、検死をしてもらう
・事件性がなければ、死体検案書を作成してもらえる。
 ※死亡診断書と同様

まとめ

  • ◆家族葬の増加で、ご自宅での小さなお葬式が見直されています。
  • ◆プライベートな空間で自由度の高いお葬式が可能です。
  • ◆安置・出棺スペースや経路確認の必要があります。
  • ◆ご親族の宿泊場所やご近所への配慮も必要です。
  • ◆一戸建て・マンションにも対応可能です。
  • ◆余計な費用がかかりません。

ひとりひとりの意思や要望、

一軒一軒のご自宅の構造は様々です。
事前相談・事前見積もりもおすすめします。
ご自宅で執り行うお葬式のための様々な提案をさせていただいております。
何なりとご相談くださいませ。

相談・資料請求(無料)