自宅で亡くなった後の注意点は? – 「ガイアの夜明け」で紹介

よくある質問

Q. 自宅で亡くなった後の注意点は?

A.

▼ 死体検案書を出してもらう場合、遺体を動かしてはいけない。
・風呂場で裸で亡くなり、勝手に服を着せたりすると実況見分の妨げになる。
・最悪の場合、事情聴取を受けるケースもある。

▼ 自宅で看取りをする場合は、葬儀社選びにも注意が必要。
・病院で亡くなると紹介される場合があるが、自宅だと自分で探すことになる。
・事前にめぼしい葬儀社を決めておくとよい。
・「自分らしい葬儀」をするためにも、生前に家族と話し合うとスムーズ。

▼ 金融機関が口座名義人の死亡事実を把握した時点で、預金が凍結されるかも。
・死亡後の手続きでは、葬儀以外に結構費用がかかるので前もって準備を。

まとめ

  • ◆家族葬の増加で、ご自宅での小さなお葬式が見直されています。
  • ◆プライベートな空間で自由度の高いお葬式が可能です。
  • ◆安置・出棺スペースや経路確認の必要があります。
  • ◆ご親族の宿泊場所やご近所への配慮も必要です。
  • ◆一戸建て・マンションにも対応可能です。
  • ◆余計な費用がかかりません。

ひとりひとりの意思や要望、

一軒一軒のご自宅の構造は様々です。
事前相談・事前見積もりもおすすめします。
ご自宅で執り行うお葬式のための様々な提案をさせていただいております。
何なりとご相談くださいませ。

相談・資料請求(無料)