緊急事態宣言下、アフターコロナでも葬儀はできるの? – 「ガイアの夜明け」で紹介

よくある質問

Q. 緊急事態宣言下、アフターコロナでも葬儀はできるの?

A. 感染防止に配慮した自宅葬をご提案します。

昨今、名だたる著名人の訃報を受け、新型コロナウィルスを身近に感じた方々も少なくないでしょう。また、入院した後は面会できないまま「顔を見られずに別れなくてはならなくて、つらい」という報道で、初めて感染症で亡くなると故人に会えないまま火葬される事実を知った人も多いと思います。

緊急事態宣言が出される中、今の葬儀はどうなっているのか。
鎌倉自宅葬儀社はじめ葬儀業界の現状を、以下簡単にまとめてみました。

①規模の縮小化
現在は通常の葬儀でも、通夜・告別式で不特定多数の人々が集まるだけで感染リスクがあるため、一般葬を希望する方が家族葬に変更されるケースが増えています。式場により、来場者10名までなど人数制限が定めらてる場合もあります。

②会食等の中止
通夜が終わった後などに振る舞われる会食は三密を避けるため、葬儀社として提案しなくなっています。式場や火葬場自体が持ち込みの弁当などをご遠慮頂いている場合もほとんどです。

③徹底した衛生管理
鎌倉自宅葬儀社では葬儀社としてマスク、手袋を常に着用しています。参列者へのマスクの着用を呼びかけるなどもしています。火葬場に関しては、各所に消毒液を設置し、式場や控室をご葬家入れ替え時に消毒清掃していたりします。

緊急事態宣言が出される中で、以上のような制限がかかることもあり、ご自宅というよりプライベートな空間にてご遺族だけでゆっくりと過ごしながら葬儀を行い、故人とのお別れや気持ちの整理をされる方が増えています。
 鎌倉自宅葬儀社では従来の葬儀はもちろんですが、ご家族の想いが詰まった手作りの葬儀のカタチも一つ一つご提案させていただいております。
 
 また、感染が原因で亡くなった方の葬儀の場合でも、故人との最後の対面ができないまま火葬される悲しい現実がありますが、火葬後のお骨の状態で行う骨葬やお別れ会をご自宅で行う方が大変増えています。

詳しくは、鎌倉自宅葬儀社のHPやお電話でのお問い合わせ、訪問での事前相談を承っています。お気軽にお問い合わせくださいませ。

まとめ

  • ◆家族葬の増加で、ご自宅での小さなお葬式が見直されています。
  • ◆プライベートな空間で自由度の高いお葬式が可能です。
  • ◆安置・出棺スペースや経路確認の必要があります。
  • ◆ご親族の宿泊場所やご近所への配慮も必要です。
  • ◆一戸建て・マンションにも対応可能です。
  • ◆余計な費用がかかりません。

ひとりひとりの意思や要望、

一軒一軒のご自宅の構造は様々です。
事前相談・事前見積もりもおすすめします。
ご自宅で執り行うお葬式のための様々な提案をさせていただいております。
何なりとご相談くださいませ。

相談・資料請求(無料)