お通夜前⽇までに気をつけていただきたいことは? – 鎌倉自宅葬儀社

よくある質問

Q. お通夜前⽇までに気をつけていただきたいことは?

A.

▽ ⾃宅安置の場合は、安置場所のカーテンを閉め、夏場は冷房を24時間つけておく。また、冬場は暖房をきる。
▽ 弔問客のため部屋の内外を整え、襖をとったりする場合がある。
▽ 弔問客のためにお茶、お菓⼦の準備をしておくのがいい。
▽ ⽞関の靴などをしまい、広くスペースをとるのが望ましい。
▽ 喪服・着物の準備 近年では洋装がほとんどの割合を占めている。
▽ お線⾹は皆様が起きているときだけにする。
・昔はお線⾹を絶やさないと⾔われていたが、近年は⽕災の原因や皆様の体調を考え、寝ずの番をする事はお勧めしません。
・ロウソクの⽕も消していただいてもかまいません。
・消灯時は、お部屋の電気か⾖電球をつけておく。

▽親族分の⽣花は、まとめる⽅を決めていただく。
・お札のお名前・順序やお⽀払の⽅法、領収書の有無

▽お通夜の当⽇までお供えしてあるお⽔などをかえる。
▽愛⽤品・作品などお棺・お⾻壺にお⼊れするもののご準備
・⼊れ⻭・メガネ・指輪など燃えないものは⾻壺にお⼊れする。

まとめ

  • ◆家族葬の増加で、ご自宅での小さなお葬式が見直されています。
  • ◆プライベートな空間で自由度の高いお葬式が可能です。
  • ◆安置・出棺スペースや経路確認の必要があります。
  • ◆ご親族の宿泊場所やご近所への配慮も必要です。
  • ◆一戸建て・マンションにも対応可能です。
  • ◆余計な費用がかかりません。

ひとりひとりの意思や要望、

一軒一軒のご自宅の構造は様々です。
事前相談・事前見積もりもおすすめします。
ご自宅で執り行うお葬式のための様々な提案をさせていただいております。
何なりとご相談くださいませ。

相談・資料請求(無料)